当社は、平成20年2月28日開催の当社第43 期定時株主総会において、当社の企業価値ひ
いては株主共同の利益を確保・向上させるための取組みとして、当社に対する濫用的な買
収等を未然に防止するため、当社の株式の大規模買付行為に関する対応策(以下「原プラ
ン」といいます。)を導入することにつき、株主の皆様のご承認をいただき、同日付でこ
れを導入しております。
 その後引き続き、当社は、金融商品取引法及び関連政省令の改正等の動向を注視しつつ、
また、昨今の買収防衛策に関する議論の進展等を踏まえ、当社の企業価値ひいては株主共
同の利益をより一層確保・向上させるための取組みとして、原プランの内容について更な
る検討を進めてまいりました。
 かかる検討の結果として、当社は、本日開催の当社取締役会において、平成23年2 月開
催予定の当社第46期定時株主総会(以下「本定時株主総会」といいます。)において出席
株主の皆様の議決権の過半数のご賛同を得て承認可決されることを条件として、本定時株
主総会の終結後最初に開催される当社取締役会の終結時に有効期間が満了する原プランに
替えて、以下の内容の当社の株式の大規模買付行為に関する対応策(以下「本プラン」と
いいます。)の導入を決定いたしましたので、お知らせいたします。