第7次中期経営計画「Obelisk2019」

当社は、2016年4月から2019年3月までの3年間を計画対象期間とする第7次経営計画「Obelisk」を策定し、2016年5月に発表いたしました。

 

  • 第7次中期経営計画の基本方針

当社グループの「Mission Statement」を浸透させるため、「圧倒的な存在感で創造をチカラに世界へのテイクオフ」をビジョンとして、次なる3年間を「世界市場に挑戦するための準備段階から新しい領域への発進」期間と位置づけ、世界TOP10入りを支える企業基盤の充実を図りつつ3つの基本戦略を掲げております。

 これらの基本戦略に基づくアクションプランを着実に実行して、古代エジプトで神殿などに立てられた記念碑で太陽神のシンボルとされるObelisk(オベリスク)に例え、今後3年間で当社の圧倒的な存在感を確立してまいります。

 

 「Mission Statement」

我々は、我々のジェネリック医薬品が世界の患者、薬剤師、医師、卸売業者、製薬企業に必要とされ、提供し続けるために自ら存続する努力を行い、ジェネリックメーカーとして世界で卓越する。

 

  • 第7次中期経営計画Obeliskの3つの基本戦略
  1. 『シェアUP力』 ~国内GE市場内で15%シェア確立
  2. 『供給能力』  ~超品質に基づく185億錠供給体制確立
  3. 『開拓力』   ~バイオシミラー・米国市場への参入

 

  • 第7次中期経営計画Obeliskの主要計数目標数値
  1. 国内GE市場内で15%のシェア確立
  2. ROE10%以上維持

 

  • 設備投資予定額(3ヵ年)     30,460百万円
  • 研究開発費予定額(3ヵ年)   22,406百万円
詳細につきましては、下記の説明資料PDFをご参照ください。